Mar 4, 2017

おっす、オラJay!
ひっさびさの更新でやり方を忘れちまってたぞ!

今回はチェーン展開の店舗サイトとかショッピングサイトとか、動的なコンテンツが複数ある場合に「カスタム投稿タイプ」でブログを追加する手順を紹介すっぞ。もちろんプラグインは使わねぇ。

カスタム投稿タイプ – wikipediaより
“WordPress は多数の異なるタイプのコンテンツを保存し、表示することができます。投稿はひとつの投稿タイプですが、任意の投稿タイプのコンテンツを WordPress の内部では投稿と呼んでいます。どの投稿タイプのコンテンツもすべてひとつの場所(データベースの wp_posts テーブル)に格納されていて、post_type というカラムによって区別されます。WordPress 3.0 からは自分でカスタム投稿タイプを追加して異なる用途に利用できるようになっています。”

続きを読む ▸

Feb 2, 2014
photo credit: naokomc via photopin cc

WordPressをコーポレートサイトで利用する場合、新着情報はTOPページの要素として不可欠ですよね。こんな感じ▼




これをそのまま再現するPHPとCSSのコードをご紹介します。 続きを読む ▸

Jan 10, 2014
photo credit: Pete Prodoehl via photopin cc

ブラウザのアドレスバーに直接URLを入力して検索すると時折遭遇するエラーメッセージ【404 file not found】。

  • サンプル http://wild-cards.net/gafawaahfr.htm

  • 既存のテーマにはほぼ予め設定されていますが、何らかの理由で設定されていない場合、またはオリジナルでテーマ作成した場合のための404ページ設定手順をご紹介します。 続きを読む ▸

    Dec 1, 2013

    ほとんどのブログで目にする「この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます」の表示。

    この「関連記事」は導入が容易なレコメンド機能として訪問者のサイト滞在時間を延ばすのに一役買ってくれます。確かに使わない手は無いですね。

    今回参考にさせていただいたのはこちらのエントリ。とくに弄るところも無く、そのまんまでした。

    関連記事をプラグインを使わずに表示する!WordPress高速化Tips! – ウェブソク

    続きを読む ▸

    Nov 28, 2013
    photo credit: Kenn Wilson via photopin cc

    サイドバーの最新記事一覧がテキストだけでも全然構わないんですが、デザインによっては画像が無いと寂しい場合もありますよね。

    当サイトではアイキャッチ画像(↑タイトルに被っているこの画像)をそのまま最新記事及びランダム記事一覧のサムネイル画像に自動で転用しています。例によってプラグインは使っていないところがミソですね。

    まだアイキャッチを利用されていない方はこちらをご覧ください。
    ⇒ 【WordPress】アイキャッチ画像を自動で切り抜き・リサイズ 続きを読む ▸

    サイト内検索
    • Author

    • Twitter

      Follow @jay0926 (532 followers)
    • Facebook