Dec 29, 2013


謳い文句は「最大40Mbps」、しかし実際使ってみたら2~4MbpsだったWiMAX

マンションの場所や階数のせいかもと思って外で試してみても、今までの最高速度は10Mbps。いわゆるベストエフォート詐欺ですわ。普通に歩くと1時間かかる距離なのに、地図上で直線を引くと10分の距離だから徒歩10分ですと言い張るようなもの。

以前はWiMAX2へのグレードアップを検討していたけれど、3年使ってまったく改善の兆しが見られないのでsoftbank WiFiに乗り換えてみました。何より今現在使ってる携帯キャリアがsoftbankなので割引等もゆくゆくは期待できるかな、と。

料金はWiMAX/WiMAX2とまったく同じ

別に協定を結んでるわけでもないんでしょうけど、足並み揃えたみたいにどちらも月額¥3.880。現状で利益体質を維持できるギリギリの額?

ただし、WiMAX/WiMAX2が1年縛りなのに対してSoftbank WiFiは2年縛り。どちらも途中解約すると¥10,000弱の違約金を払うことになるので、よーく考えて選ばなきゃいけませんね。WiMAXは「TryWiMAX」という15日間無料のお試しプランがありますよ。

速いのは確かに速い

Softbank WiFiと契約してさっそくUSENのスピードテストで回線速度を測ってみたら、なんと20Mbps

スピードテスト | USENの回線速度・通信速度測定

ベストエフォートが100Mbpsとのことなので、MAXの1/5程度になってしまうのは自宅マンションの位置・階数のせいと考えて間違いない模様。それでも1/10以下まで減速してしまうWiMAXに比べたらずっとマシですね。

YouTubeで高画質PVを観ても途中で止まったりカクカクしたりしないのが素敵!

しかしとんでもない落とし穴が!

うおー速くなったーと狂気したのも束の間。

今まで通り何も考えずオンラインで動画を視聴したりどでかいファイルをダウンロードしたりしてたら…契約して4日目の朝、いきなり回線速度が急激にダウン! 通常のWebサイトを表示するだけで待つこと数分、ISDN時代よりさらに遡ってNiftyサーブ並みの遅さ。

4G料金プランおよび4Gパケット定額サービスをご利用のお客さまについて、毎月ご利用のデータ量が7Gバイトを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化いたします。

1Gバイト/3日間超過時(各社共通)には速度制限が行われる場合があります。


ソフバンショップの係員の話では”動画を1日3時間観たら3日で1GBぐらい”ということだったので、そう簡単に1GBを使い切ることはないだろうと高を括ってました。ところが実際は2日ともたなかったんです。ショック!

それに上記の説明文では「3日間使って通信料が1GBを超えたら次の1日だけ低速化」するのかなと思うのが普通ですよね。それも違うんです。たとえば1日で1GB使ってしまったら、そのあと3日間ずっと低速化するんです。ドイヒー!

僕の場合は2日で1.4GB使ってしまったので次の2日間ネットが激遅になりますた…orz 

料金や速度よりも使用環境が大事。

普通はモバイルWiFiでそんなに膨大なデータ通信はしないとは思います。うちはフレッツのような回線を引かずにモバイルWiFiでPC2台スマホ2台の通信を賄っているのでこんな事態に陥ったわけです。

とはいえ、携帯用のデバイスでもかなり高速化した現在、自分がどれぐらいの量のデータ通信を行っているか把握しておいて損は無いでしょう。とくに「○○放題」と銘打ったサービスは食べ放題や飲み放題と同質の危険を孕んでいるので予備知識は絶対に必要です。

1GBってどのくらい使えるの? | b-mobile Fair



Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索
  • Author

  • Twitter

    Follow @jay0926 (532 followers)
  • Facebook